無理をせず頑張ること

心療内科の先生は「頑張らないで」「無理をしないようにね」といつも言います。
無理をすると逆戻りしてしまうから。

その言葉を信じて、無理をせずに頑張らずに1年ほど過ごしました。
ただ、家事・育児をするだけ。

半年ほどは本当にボーっとしました。
傷病手当も出ていました。

そして残りの半年は趣味に没頭しました。
DIYが好きで、というか高いインテリア雑貨は買えないので粘土細工で置物をつくってみたり、安い木材で棚を作ってみたり。

でもそのあとに訪れたのは焦りしかありませんでした。
傷病手当金は仕事に行けなくなってから1年半の支給。

あと半年過ぎたらお金が無い。
何かはじめなければ。
そんな焦りだけが先走って、だからと言って急に進むことも出来ず、残りの半年は結局何もしませんでした。

思い返してみればこの1年半、私は何もせずただぼーっと自分の好きな事だけをして過ごしてきました。

ずっと子育てや仕事に追われた毎日だったのでこの1年半は本当にのんびりしました。

ただ、「頑張らないで」「無理しないで」というのは他人だから言える事。
家庭の事情やお金の事、いろいろ考えるとちょっと無理してでも何か頑張らないといけなかったのかもしれないと思い返しています。

今頑張れば後が楽になる。
そんなことならちょっと無理してでも頑張ればよかったなと。

理想は「無理せず頑張る」事。

難しいかもしれないけど、ちょっとづつ頑張ろうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です